東方セリフ蒐集所

東方の会話のスクショを貼り付けてコメントを書くブログ

2009'11.23.Mon


心の事?

私は閉ざしちゃったわ
覚りの瞳


人間の心なんて見ても落ち込むだけで
良い事なんて何一つ無いもん



無意識を操る程度の能力である古明地こいし。
姉の古明地さとりと違って第3の眼を閉じてしまったため、心を読めない
覚(さとり)妖怪になりました。
それによって無意識を操れるようになったので、「覚り」を辞めて「悟り」になったとも
言葉遊びが出来ます。

ここからは想像ですが、こいしとさとりの違いは何だったのか。
「心を読む」というのは共通なのに、なぜその後の行動が違うのか考察してみました。

地霊殿の紫戦などの発言から思うに、さとりは意識して相手の心を読むと考えられます。
逆に言えば、心を読もうと意識しないと心読は始まらない、つまりスイッチの切り替えが出来た。
そして読めるのは相手の「意識」だけであった。

しかしこいしが読めたのは相手の「無意識」であり、それは
いついかなるときも自分の頭の中に流れ込んできた。
スイッチを切り替えることはできなかった。
それに耐えられず、こいしは自らの眼を閉じた。

などと考察してみました。


考察が正しいかは置いておくとしても、人間は無意識下では結構エr・・エグイことを
考えていると思います。たまに意識下でも。

拍手[6回]

Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60
«  BackHOME : Next »
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4
7 8 9 11 12 13
14 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/20 匿名希望]
[01/20 匿名希望]
[01/10 NONAME]
[01/07 NONAME]
[01/07 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
onnel
HP:
性別:
非公開
趣味:
東方の会話のスクショを撮る
自己紹介:
東方の会話と世界観が好きです
バーコード
カウンター
忍者アド
ブログ内検索
アクセス解析

東方セリフ蒐集所 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP