東方セリフ蒐集所

東方の会話のスクショを貼り付けてコメントを書くブログ

2009'11.10.Tue


誠に独善で、土豪劣紳であるッ!
いざ、南無三――!



土豪劣紳:「土豪」は、その土地で勢力のある豪族。
「劣紳」は、農民を搾取した地主・資産家の蔑称で、卑劣不正な紳士の意。


早苗さんひどい言われようw
暗に支配者であったことを示唆されています。


私は人間の復権を望みます!

健全な神様は妖怪を退治するのです!


白蓮の言い分
妖怪=神様なんだから区別するのはおかしい。妖怪の地位向上。

早苗の言い分
人間の復権! 神様は妖怪を退治する!

白蓮と早苗はともに元人間。
白蓮は妖怪に近づいているし、早苗は神様に近づいている。
妖怪というだけで虐げられ、神様というだけで敬われる。
いったいその違いはどこにあったのか?

という対比はどうでしょう。早苗は人間のために、白蓮は妖怪のために。
魔理沙は人間。霊夢は妖怪寄りの人間。早苗は神様寄りの人間。

という風に捉えると、魔理沙に感情移入できる理由もわかる気がします。


関連
誠に愚かで、自分勝手であるッ!
誠に薄く、軽挙妄動であるッ!
誠に浅く、大欲非道であるッ!
誠に狭く、田夫野人であるッ!
誠に浅く、付和雷同であるッ!

拍手[2回]

Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
初めまして
onnel さん、初めまして。
twitterから参りました。

面白い企画を実行していらっしゃるようで。、
各台詞を比較すると面白いですね!
ちょくちょく見に来ちゃおうかな (っ^ω^c)

ところで記事中の記述でちょっと分からなくなったことが。

>白蓮と早苗はともに元人間。
早苗さんは現人神ですけど、東方の現人神は神なんですかね?
人間兼神なんですかね?

個人的には、
通し番号が整数のWin版東方Project(花は除外)の主人公キャラは
皆人間ないし人間の要素があるキャラで、
永夜抄でも2人組は人妖という触れ込みでしたので、
星蓮船も主人公キャラは人間の範疇に入っていると思います。
(勿論人間の範疇のみという意味ではありません。)

もし人間兼神なら
白蓮:元人間かつ今妖怪(=神)
早苗:今人間かつ今神(≠妖怪)
ということになりそう。

無学なのでそういう疑問を持ったのですが、
どうお考えになりますか?
何かズレた事書き込んでたらごめんなさい。
masuo: 2009.11/11(Wed) 00:28 Edit
Re:初めまして
はじめまして。
よろしくお願いします。

さて、早苗さんを元人間と書いたのは間違ってました。
自分の中では早苗さんは今もまだ人間、かつ神という認識です。
まだ人間やめてないと思います。

現人神ってのは人間と神、両方の属性持ちということでいいと思います。

おっしゃる通り、人間が異変を解決するというストーリーだと思いますし。

とすると早苗さんは巫女でもあり神でもあり人間でもあるということになるのですが、
神の定義がわからなくなりますね・・・

以下駄文。

神=自分自身に信仰を集められる
信仰を力に変えられる、という定義はどうでしょうか。

霊夢は個人を信仰させてるわけでなく、あくまで神社主体。なので神ではない。
早苗は早苗個人も神社も両方を信仰させる。

妖怪とは、畏れ(おそれ)を力に変えられると定義するなど。

そんな解釈でいかがでしょうか。
答えになっているかはわかりませんが・・・

もちろん、早苗さんは人間でない、という解釈もありかと思います。

まだまだ不勉強なのでツッコミ助かりました。
ありがとうございます。
2009/11/11(Wed)
trackback
この記事のトラックバックURL:
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19
«  BackHOME : Next »
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/16 ルブタン財布コピー]
[07/06 シュプリーム コピー]
[04/02 ヴィトンバッグコピー]
[04/01 スーパーコピー]
[02/17 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
onnel
HP:
性別:
非公開
趣味:
東方の会話のスクショを撮る
自己紹介:
東方の会話と世界観が好きです
バーコード
カウンター
忍者アド
ブログ内検索
アクセス解析

東方セリフ蒐集所 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP