東方セリフ蒐集所

東方の会話のスクショを貼り付けてコメントを書くブログ

2010'06.03.Thu

「あの吸血鬼は私が忘れた心を持っている。外の世界の人間も忘れつつある感覚。
そして式神に至っては、効率を最優先するためにその感情を良しとしない。
・・・苦労を楽しもうとする余裕の心である。」
(小説版儚月抄 第五話 「果てしなく低い地上から」より)

儚月抄において湖面に映る月の境界を操作し、月に攻め込もうとする紫。
しかしレミリアはそれを断り、外の世界のロケットを作り、紫に頼ることなく自らの力で
月へ向かおうとします。
原料が見つからず難航するロケット開発。紅魔館の面々は試行錯誤を繰り返しながら開発を進めます。

「―見窄らしいロケットで、惨めな思いをして旅するから楽しいのだと。
最短の方法で楽して手に入れた物にはなんの価値もないと。」

このあたりの価値観は、「ぶらり廃駅下車の旅」という紫のスペルにも通じる物があると思います。
効率を求める式神の思考とは相反する思想。
もっと楽に月に行く方法はいくらでもあるのに、実行しない紅魔館勢を藍は理解できません。

「人間も妖怪も長く生きているとその心は失われていく物である。
だが吸血鬼たちにはその心が強く残っている。」

紫と藍のたどり着いた月は、いつも賑やかな幻想郷では考えられないくらい静かでした。
月の都の落ち着いた繁栄は、衰退の証か、高貴な文明を築いた極楽浄土であるのか。
「どちらにしても私は嫌である。私には都会の喧噪が必要なのだ」 と紫は締めくくります。

長く続くにつれて、妖怪も、文明さえも落ち着いていきます。
紫は自身にその自覚があるからこそ、吸血鬼の喧噪が羨ましいし、大切な物だとわかる、
そういったシーンなのかなと自分は解釈しました。
そう言う意味では、レミリアは成長が(いい意味で)見られないキャラかな、と思います。

拍手[3回]

Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
よく思いますがここの記事は本当に面白いです。

いつも楽しませてもらってます。
有難う。

a×3: 2010.09/06(Mon) 20:44 Edit
Re:無題
ありがとうございます。http://file.onnel.game-ss.com/thankyou.JPG
ちょくちょく更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。
2010/09/07(Tue)
trackback
この記事のトラックバックURL:
[190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180
«  BackHOME : Next »
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/16 ルブタン財布コピー]
[07/06 シュプリーム コピー]
[04/02 ヴィトンバッグコピー]
[04/01 スーパーコピー]
[02/17 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
onnel
HP:
性別:
非公開
趣味:
東方の会話のスクショを撮る
自己紹介:
東方の会話と世界観が好きです
バーコード
カウンター
忍者アド
ブログ内検索
アクセス解析

東方セリフ蒐集所 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP